誕生日は雨。

6月15日、誕生日、雨。生まれた日も大雨でした。


生まれたのは、札幌、北大病院。
その日は、当時、札幌神社と呼ばれていた、“北海道神宮“のお祭りでしたけれど、大雨で中止。
お祭りが中止になったくらいですからね、私、生まれながらの雨女です。
::::::::::::::::::::::::::::


前回会った時、koujiさんに、
「誕生日、何がいい?」と聞かれたけれど、欲しいものも思い浮かばず‥、豪華なデイナーもさほど気が進みません。
思い付いたのは、ナイトピクニック。


👒「お誕生日だけれど、
朝から二人で、あれやこれやと料理して、
(full-courseですよ!)
夕方、それを持って、“みなとみらい“ に出かける、夜景めぐり、食べ歩きディナーは、いかが?」


🌟「オーケー。15日に来て料理作って出かける?」


👒「14日の夕方に行きますよ。前日に買い物して、15日は、ゆっくり準備して行きましょう。」


🌟「了解。元気そうだな。」


この季節、雨さえ降らなければ、暑くも寒くもなく、場所は、数カ所、目星をつけてありました。
(経済的な女でしょう?)
だのにだのに、大雨で‥。
::::::::::::::::::::::::::::


当日。
「家にいるのもねえ、」とkoujiさんの提案で、“川崎市民ミュージアム“ の常設展にでかけました。


武蔵小杉の駅ビルで、まずはランチです。

お洒落なランチは見当たらず、お寿司と天ぷらと蕎麦のセットを頂きました。
(美味しかったけれど、誕生日らしくないよねぇ‥、)



さて、川崎市民ミュージアムの常設展ですが、
古代から現在までの川崎市の歴史が出土品と資料で丁寧に展示されていました。


「こういうの、好きだろう、」と、koujiさん。
「そう、特にね、古代が好きなのよ。」と、縄文土器の前で立ち止まります。


「ねえ、ねえ、koujiさん。この時代にいたら、きっと土器作るの上手だったよね、お誕生日に土器のプレゼントなんて、感激ね。」なんて、勝手に想像を膨らませ‥、


弥生時代のコーナーでは、すでに、ガラスのネックレスがあったことを知って、嬉しかったけれど、
「でも、この時代、ネックレス、贈られる人ってどんな人?」と考えて、
「多分、私は無理ね。」と、簡単に納得して、ガッカリ。


古墳時代のコーナーでは、三分の二のの大きさに作られた横穴式石室に入って、
「う~ん、これは立派過ぎるお墓だわ、私、ここで生活出来そうよ。」と感心したりした。



江戸時代コーナーの入口には、東海道五十三次の川崎宿の絵がガラス絵になって飾られていました。

ビルの窓が絵に映り、二重に重なって、
(もしかしたら、タイムトラベル出来るかも‥、)なんて思いながら、眺めます。
だけど‥、
「この時代の日本人って、本当に小さいのよねえ、私でも大女だわ、モテそうもないからやめとこう…、」と、ブツブツブツ。



こちらは、近代のコーナーの壁に展示されている、“味の素“の看板です。

「お世話になりました。いいえ、今もお世話になってます。」と、看板にご挨拶。
(コンソメ、ほんだし、CookDu、鍋キューブ.パルスイート、等々。私、随分お世話になっているようです。)



雨の日の午後、私たちの他に見学者もなく、マイペースに楽しむことが出来たミュージアムの見学。
(アハハ、これはこれで良い誕生日でした。)


でもね、ナイトピクニックには、チャンス見つけて行くつもりです。
::::::::::::::::::::::::::::


さて、誕生日プレゼントですが‥、
誕生日が終わってからやっと思い付いたのは、お洒落なリックです。
「私、お洒落なリュックか欲しくなってきたわ。急がないので、よろしくね。」


欲しいリュックの条件は、ノートパソコンが入ることと、ワンピースにも似合うこと。
koujiさん、見つけられるでしょうか‥?


楽しみに待つことにします。






(思い出)ぶらり秩父旅.8「天空のポピー」

/2016/05/14(土曜日)
“のんびり.ぶらり秩父旅“ 最終日。
天空のポピーに!


昨日入りそびれた「星音の湯」で午前中を過ごして午後、
シャトルバスを乗り継いで着いたのは、標高500メートルの高原牧場。

出迎えてくれたポピーは、3,4分咲き.でした。


丘に登って、来た道を振り返ります。

「男は殆どいないな、」
「そうね、女の人のお供で来た人だけね。」


山々に囲まれた草原は、

時々風が吹き抜ける。


赤い草花の間から、

一輪だけ咲いていた、可愛いポピー。



気がついたのだけど、皆野町のポピー祭り、七十代の男性の頑張りで成り立っているみたいです。
受付もバスの運転手のおじさんも、七十代に見えました。


“みんなのみなの“
観光協会のキャッチフレーズです。いい町ですね。



5月というのにとても暑かった二泊三日の秩父旅。
あれから二年が過ぎて‥、
「秩父、また、行きたいなあ~。」と思うこの頃です。





(思い出)ぶらり秩父旅.7「星音の宿.ばいえる」

二日目の宿は、
「星音の宿.ばいえる」

チャペルもある、手軽なプチ.リゾートホテルです。


お部屋は和洋室で、

小さな露天風呂付。

HPからの予約特典で、二日間有効の、隣にある日帰り温泉「星音の湯」の無料券が2回分付いていました。
(夕食後に一度、チェックアウト後にもう一度、かな?)と、
今回は温泉が楽しみです。


まずはホテルの温泉に。

秩父の山々が遠くに見える露天風呂。


夕食は、和洋折衷でした。
先ずは先付け、次はお刺身、と、食べ始めたら、野菜の天ぷら、続いてビーフシチュ、と運ばれてきて、
「あら、暖かいうちに食べなくちゃ、お刺身は後回しね、」と忙しい。鍋物も出来上がったみたいで、火が消えた。
「美味しく頂くには食べる順番考えなくちゃ‥、」と、考え考え、食べていたら、
「完食だ~、」とkoujiさん。


食事が終わって、
「後でお風呂に行こうね、」と言ったら、
「明日でいいんじゃない、」と、koujiさん。
疲れていたようで、早々に眠ってしまいました。
(まだ、7時過ぎなんですけど~?)


8時半過ぎに、
「coffee、飲みに行かない、9時までよ。」と起こしてみたら、一緒にラウンジには行ったけど、帰ったら、また横に。

(お風呂に行く気はなさそうね。)


「一人で行ってきていい?」と聞いたら、
「どうぞ、」と素っ気ない。


仕方なく、一人で夜道を歩いて行きましたよ。
だのに‥、
入口に本日は終了の案内版。
(受付は22:00迄だったのね、残念!)


HPで見た、星音の湯の露天風呂です。
「星の森」と、

「月の石」

(夜空見上げて、入りたかったぁ~、)


「こうなったら、お部屋の露天風呂だわ、」と、部屋に帰って、おふろの蛇口をひねります。夜空を眺めながら、入りました。



さて、koujiさん、
夜中に胃が痛いと言い出した。(あら、あら、調子が悪かったのねぇ‥。)
「フロントに薬あるはずよ。」


「何もらったの?」

「サクロン。」

「サクロンで治るんなら、大したことないね、」
「そう、大したことないんだ、飲んだら楽になった。」
「良かったわね、」


安心して、朝までグッスリ眠りました。


明日は、“天空のポピー“ に!
(つづく、)




(思い出)ぶらり秩父旅.6「行きつけなかった美の山展望台」

和銅黒谷駅に戻る道、
「早めに宿に行って、温泉入りましょう、」
と言いながら道端に、“美の山山頂“ の標識を見かけました。(山頂にある展望台までは30分ほどです。)
「展望台まで、行ってみようか。」と、山道に入ります。


「山頂まで1.4㌔」「1.3㌔」「1.2㌔」標識を頼りに登ります。しばらく行くと、急坂と平坦な道に分かれていました。標識は見当たらず。


?と、立ち止まり、
「展望台はこちらだろう、」と平坦な道を進むkoujiさん。
「大丈夫かなあ‥?」


15分ほど歩いた山の中。

30分歩いたけれど‥、展望台には行きつかず。
「でも、展望はいいわね。」

道はだんだん、険しくなって、行き止まり。
登ってきた道とは別の下りの道が、ひとつあるだけでした。


とりあえず、シートを広げてお弁当を食べました。気がつくと、辺りは虫だらけで大騒ぎ。


「もう降りよう、」
koujiさん、来た道とは違う道を降りて行きます。
「この道、大丈夫?」


後から付いて行くと、遠くから車の音が聞こえてきて、やがて、民家の裏道に行き着いた。でも、
「ここは何処だろう‥、」


民家の標識を見ながら歩きます。
(皆野よりの黒谷かなあ?)
大通りを探して、ガソリンスタンドで、皆野駅までの道を聞きました。


「とにかく歩きましょう、」
歩くのだけは速い私、速足で歩きます。
30度近い日の午後、道の向こうは秩父鉄道の線路です。


次々と、電車が走り去って行くのをみながら、ようやく気がついたのは、


どうやら、下りた場所は皆野駅よりも、和銅黒谷駅に程近く、私たちは、一駅間、歩いているのだということでした。


歩きながら思います。
(もおっ!、このオジサンは、どうして、違う道を降りたわけ?
来た道下れば、そこから10分で駅に着いて、一駅乗ったら皆野駅。後は、シャトルバスで宿に行くだけだったのに‥。)


「疲れたわ‥、」
振り返ると、koujiさん、休む場所を探しているご様子です。


(ここは無視よ、
“のんびりオジサン“ につき合っていたら遅くなる、私は早く温泉に入りたい。)


昔、買っていた老犬の太郎との散歩を思い出しました。
「太郎が、もう、歩けないと座り込んだ時、鎖外して、先に歩いたら、仕方ないとついてきたのよねえ‥。」

どんどん歩いて、先に、皆野駅に着きました。


「随分、速く歩いていたね、」
「あら、ごめんなさい。トイレに行きたかっただけよ。」(笑)


何事もなかったように‥、二人並んで、
シャトルバスを待ち、ようやく、宿に向いました。
(つづく、)





(思い出)ぶらり秩父旅.5「聖神社と和銅遺跡」

“のんびりぶらり秩父旅“ 二日目。

和銅黒谷駅のホームには和同開珎のモニュメント。


駅から歩いて五分、聖神社に着きました。お金に不自由しないと言われている銭神様です。

ここはパワースポットのようで、足元から、ジンジンとエネルギーを感じます。
無人の境内には、御守りが数種類あり、返納箱も用意されていました。和同開珎の小銭の入った御守りを買いました。


ムカデが一杯いましたよ。
立っているだけで、手にも、背中にも登ってきます。ベンチに置いた帽子の中にも‥?


「うわっ!、」いました。
ここではムカデは神様のお使いとか。
「私達好かれているみたい‥、」なんて言ってはみたけれど、どうなんでしょうか‥?


記念写真です。

撮れた写真を覗いて、大笑い。
二人とも、はち切れそうなまん丸顔に写ってる~、特に私は、二割増しのふくよかさ。


「これはボツ!」と言いかけて,
これってもしかしたら、ご利益あるということじゃないかなあ?、と気がついた。


次は、和銅遺跡に向います。
聖神社の横の狭い山道を歩いて行くと、

現れたのは「和同開珎」の大きなモニュメント。
もう一枚、記念写真が撮れました。

今日は早めに、宿に‥、
(つづく、)