“春旅“2018(その1)「古くて新しい街、熱海」

4月1日。
“桜旅“ あらため“春旅“ 一日目。
やってきたのは、最近、若者に人気があるという、古くて新しい街、熱海です。


駅ビルの観光案内所で、パンフレットを頂いて、駅前広場に出ました。
天井にはステンドグラス。


さあ、これから食べ歩き。
駅前商店街の「平和通り」からスタートです。急坂の商店街は、入口から、大勢の若者でにぎわっていました。


先ずは蒸し立ての温泉饅頭から。一軒で一個、食べ比べ。
一軒目、「泉谷」のよもぎ饅頭 (¥160)


二軒目、「紅葉堂」の桜あん (¥110)


三軒目、「利休」のこしあん (¥125 ) 

大きさも値段もさまざまですが、味は‥、どれも美味しかったです。「利休」ではお茶も頂けました。


温泉饅頭の次は、
「寺小屋本舗」のぬれおかき (¥200) 七味味。
辛さを覚悟して食べたら、甘かった~。

平和通りは短くて、すぐに終点で、
「あら、もう終わり?」
名残惜しいなあ~、と、もう一度戻って、珍味と鯛塩を購入しました。



次は、レトロな銀座通り目指して歩きます。


途中の道で、炭火で焼いているイカを見かけて、イカのカラスを1本。

「山田屋」の揚げたてのかまぼこ。イタリアン (¥300)
(これがもう、美味しくて~、)

お店の前のベンチでお茶を飲みながら、熱々のかまぼこ食べたら、何だか元気になった気分。
「次はね、温泉卵、作りに行くわよ、」



温泉卵が作れるという、「小沢の湯」道端にありました。途中の道には標識もなく、少し迷って着きました。

道向かいのお店で玉子を買って、ザルに入れた玉子を、小さな釜に入れ、蓋をして待つこと8分で出来上がり。
出来上がった温泉卵は後のお楽しみ。



銀座通りの入口です。

レトロな喫茶店で休憩しようと、探していたら、海が見えて来ました。


「海、気持ちよさそうね、」と予定変更して、海岸に。

「あら、熱海、なかなかいい感じ‥、」

海上花火大会で有名な「ムーンテラス」

海を眺めてサンドイッチで、コーヒーtime。
温泉卵もここで頂きました。ほんわか、温泉の匂いがしみ込んで、“ふわ、とろっ“ で、いいお味。
「満足~、」


海の近くのバス停の「大寒桜」です。もうすっかり、初夏の装いです。


これから、山の上に見えている、熱海城に向います。
桜、まだ、咲いているかなぁ~、
(つづく)





さくら、さくら(春の色は次々に‥、)

夜勤明け、
明るい陽射しの中、桜並木を歩いています。
これから、何時もの日帰り温泉に。

桜の花は満開を過ぎました。
花の合い間から、葉がチラチラと見えています。


遊歩道わきの、一本桜?
こちらは今が満開です。

濃いピンクが鮮やかで、空の青さに似合ってる‥。

            (2018/03/30 西東京市)


“さくら、さくら“ と、大騒ぎしすぎたからでしょうか、何だか、少し飽きてきて、眩しい日差しの中では、
「新緑が待ち遠しいなあ~、」と思います。



明日は待っていた、桜旅。
気まぐれなお天気が駆け抜けた後の、明るい空で舞う桜吹雪も悪くない‥。


さくら散っても、春景色。
楽しんで行ってきます。




さくら、さくら 「お花見散歩」

(2017/04/07)
「今年の桜、どこで見ましょうか‥、」
随分考えて決まったのは、
日比谷公園から皇居外苑、北の丸公園までのお花見散歩。


<日比谷公園>
森のレストラン「松本楼」

(13:53)

一階、ガーデンテラスの「本日のLUNCH」です。
いつものように、まずは、“花より団子“ から。

 


(14:29)
しばらく、ベンチで一休み。雲形池と鶴の噴水、桜とビル街を眺めて。


<皇居外苑>
桜田門から入って、皇居前広場に向います。


(15:06)
「これってartじゃない?」とパチリ。

お濠の桜

二重橋前にある、丸くて可愛い「見張り場所」


江戸城は広いのねえ、と実感しながら、随分歩いて、


(16:12)
「北の丸公園」に入りました。

「歩き疲れたね、」と広い公園のベンチで休憩です。
遠くの桜をぼんやりと。


(17:12)
「そろそろ行こうか、」と、武道館の前を通って、田安門に。


門を出たらビックリ!
そこは、もう、“絶景“ で‥、

「お任せで歩いてきたけど、“千鳥ヶ淵“って、ここだったのねぇ‥、」
しばし、絶句。


夜桜を見ようとやってきた人の群れとすれ違いながら、うっとりとして、駅までの道歩いて、帰りました。


去年のお花見の思い出です。





さくら、さくら「ソリッドスクエア」 

(2015/03/29)
「川崎駅近くで桜を見ようか、」と言われて、
「?‥、?‥、?‥、」
行き先は、ソリットスクエア、オフィスビル&商業施設です。


川崎駅から歩いて5分。

                         
建物に近づくと、大きな石が所々に‥、
あちらこちらに石のベンチがあって、大勢が桜見ながら休憩中。

入口前から空を見上げてみました。


中に入ると、吹き抜けで人口の水辺がある、広くて贅沢な空間でした。大きな石は、建物のなかにも一列に並んでいました。


水に映った桜が綺麗で、しばし、うっとり。
「万華鏡みたい‥、」


“ベンチに座って、ファミマのcoffee飲みながら、ガラス越しの桜をのんびりと眺める“
少し変わったお花見になりました。


吹き抜けの二階には、無料のテラス席もあります。
ソリットスクエアは、“穴場スポット“かな?





さくら、さくら 「釜の淵公園」

(2014/04/08)
思い出すのは、4年前。
梅で有名だった青梅に、梅ではなくて、桜を見に行きました。
行き先は「釜の淵公園」

大きく蛇行する多摩川の岸辺に作られた、夏は川遊びの人達でにぎわう公園です。



買ったばかりのりのテントをどこで使おうかと、あちこち探して見つけたこの公園。

“お花見半分、dayキャンプ半分“で行きました。


床下収納に入りっぱなしだった非常用の小さなコンロまで持ち出して、重い荷物を持って歩くオジサンとオバサンの二人連れ、今より少し若かったぁ~。


橋を渡って対岸の土手の上に咲いている桜並木の遊歩道。
少し、散りかけの桜が、ひらひらと緑の芝生に広がってとても綺麗だったわ。
(写真、なくてごめんなさい‥。)


「何と綺麗なの、」
うっとりする間もなく、川辺に降りて、まずはテントを組み立てて、出来上がったテントの中に入ったら、あら、あら、桜は見えません。
でも、暖かくていい気持ち。


桜を背に網焼きを始めたら、桜はすっかりそっちのけで、食べるのに夢中。
“花より団子“とはこのことね。


川の水音が静かに聞こえてくるような静けさで、まったり、のんびり出来ました。



あれから少し、年を取りました。
(もう、重い荷物、持ちたくないなあ‥、)