老人ホームのフロアーで、「dandy.○○(その2)」

dandyのお話を続けます。
それは、ある年の暮れ、12月30日の早朝のことでした。


廊下を行ったり来たりしていたdandyに私は、
「dandy、おはよう。転ばないように気を付けてね。」と声を掛けて、慌ただしく、あちらこちらの部屋に入っては、一人、二人と起床介助を続けていました。


ふと、見ると、dandyは床に座っていました。
体育座りで、じいっと、不思議そうに、自分の手を眺めています。


「どうしたの、dandy、転んだの?」と近寄ってみて、もう、ビックリ!
指が、指が、指がぁ‥!
こともあろうに、ぶらりと折れて、しかも、裏返しになっていたんです。


(そ、そんな‥、)
「バイタル、バイタル!」と、とバタバタバタと廊下を走ります。 
                                        
血圧、脈拍、体温、酸素濃度。
どれも異常はありません。痛がる様子もなく、じっと、指をみているdandy。
(このままじゃやダメだわ、車椅子に乗せなくちゃ、)


ところで…、
立ち上がることの出来ない大柄な男性を、座った状態から、椅子に座らせるのは、女性一人では難しい。私は腰を何度も痛めてる‥。
(でも、やるしかないわ。)


「dandy、車椅子に乗るわよ、いい?」
掛け声をかけて、立ち上がらせて、気がついたら、dandyは車椅子の上でした。



エレベーターの開く音がしました。早番の看護師が5階に上がってきたようです。応急処置をしてもらわなきゃ、と、大慌てで連れて行くと、  
         
「これは、どうしょうもないね、救急車、呼ぶしかないよ。」とたった、一言。


(はあ~、coolだねえ‥、)


とにかく、と、
救急車を手配して、大急ぎで、あれやこれやと準備をします。生活記録、個人ファイル、保健所のコピー、携帯。
(事務所はまだ出勤していないから、帰りの交通費は立て替えね。お財布の残高は…、O.K。入院に備えて、シャツとデイパンツも必要よ。)


救急車は5分後には着きました。
「直ぐ、降りてきて下さい。」と言われて、dandyにコートを着せて、半袖の制服にエプロンのまま、救急車に乗り込んだ…。



救急隊員は矢継ぎ早に質問をしてきます。生年月日、身長、体重。その時の状況、既往症の有無。入院歴等々。アチコチ、書類を見ながらどうにか答えて、合い間に、dandyのご家族と、まだ出勤をしていなかった施設長に連絡をします。


「病院が決まったら、また、連絡します。」と伝えたけれど、そこからが長かった‥。


手術が必要だと判断した救急隊員が、次々と病院をあたります。でも、暮れの30日に、緊急の手術を受け付けてくれる病院は見つからず。


7時前から、救急車の中にいたのに、病院が決まったのは9時半を過ぎていた。しかも決まった病院は遠くって‥、
着いたのはもう、お昼前。


病院では検査で待たされて、更に1時間。検査室の前で、トイレを我慢して待って、お腹もペコペコ。暮れの30日に、半袖のポロシャツ一枚の私。
寒い、寒い。


結果を職場に連絡しなければならないから、と、しびれを切らして、検査室をノックしてみました。

「すみませんが‥、あの~、どうなったでしょうか‥。」


そうしたら、あっさり、
「脱臼でしたよ。」ですって。


(はあ~、?、?、)
一瞬で、力が抜けましたね。


「で、今、どこに?」
「ご家族が来られて、会計済ませました。帰られるところだと思います。」


(えぇ~、私、ずっと待っていたんですけど‥。いったい、どこでそうなるわけ?)


駐車場まで追いかけて、


「私も乗せて下さ~い。」と、娘さん夫婦の車にギリギリセーフで乗り込んで、一緒に施設まで帰ってきました。


施設に着いたのは午後3時。
夜勤から数えて、23時間の長い勤務は、ようやく終了です。
疲れましたねえ~。


dandyは少しも痛くないようで、何が起きたのか、最後まで理解していない様子でしたよ。


老人ホームでは次から次と、日々、待ったなしに、いろいろなことが起こります。dandyの出来事は、ほんの一例です。


次回はdandyのその後のお話を。
(つづく)
 

                                                                               

                                                                                                                                                                

老人ホームのフロアーで、「dandy.○○(その1)」

数年前に特別養護老人ホームに引っ越して行った、通称「dandy.○○」のお話です。
9年前、私がスタッフになった時、dandyはすでに、施設の人でした。


大柄で、優しい顔立ち。穏やかな口調と柔らかな笑顔。
初めて会った時、dandyは、twoタックのズボンにベルトを締めて、お洒落なカラーシャツを着ていました。
「こんな人がどうして、ここに入っているのだろう?」と、私は不思議に思ったものです。



dandyは、認知はあるものの、少しも手がかかりません。
南北と東に長い、施設の廊下を行ったり来たりして、外を眺めては、うとうとして日長、時を過ごします。
スタッフは、そんなdandyのために、北と南に、そして東にも、突き当たりに椅子を置きました。


朝は早くに起きてきて、ニコニコと、英語でごあいさつ。海外勤務が長かったdandyは、片言英語が話せました。
「何だか、日本語より上手ねえ、」
アルバイトの学生さんが、時々、英語の絵本を使っては、話し相手をしていましたね。



他の利用者に話しかけられると、少しも話がかみ合ってはいなくても、
「そうか、そうなのかぁ…、」と耳を傾けるdandy。


小柄の゛HARUKOさん゛が、寂しくなるとよく、側にきていましたねえ。
゛HARUKOさん゛は、
「そうよ、そうなのよ~、だから、そうなのよ~、」といい、dandyは、
「そうなのか~。それはたいへんだなあ、そうだ、そうだ、大丈夫だよ。」と返します。


中身は何もなくて、掛け声だけの会話です。でも、お互い、心で聞いて、気持ち、伝え合っているんですね。


大きなお爺さんと小さなお婆さんさんが、ソファーで並んで話している様子は、とても微笑ましいものでした。



そんなdandyだったけど、認知が進んだら、困ったさんになってしまって‥、
(言ってもいいのかなあ‥、)


実は、
所かまわず、おしっこするようになってしまったんです。いわゆる、放尿です。


お部屋にはトイレ、ついているんですけどねえ。
朝、「おはよう」と部屋に入ったら、まあ、大変。床中水たまり状態で…。


私、居室担当でしたのでね、出勤の度に後始末していましたよ。
もう、バケツ、何十杯分処理したことか‥。
雑巾で拭きとって、消毒して、バケツを替えて、また拭いて‥、
匂いがなかなか抜けなくて、困りましたね。



「dandy、これじゃあ、私、別料金頂かなくちゃ合いません。」と、ふざけて言ったら、
「いいよ、こずかいあげるよ。いくら?」ときた。


「生涯保証で、100万円。」
「それは高すぎるなあ~。」
「じゃあ…、1年サービスで、10万円ではどう?」
「今、持ち合わせがない。」
「じゃあ、今月分だけね、1万円。」
「それなら何とでもなるさ、今すぐ、下の事務所でもらってくるといい。」だって。


(いつもは、支離滅裂なのに、突然、回線が通じるように、普通に会話ができるときがあるのが認知症の不思議なところです。)



優しいdandyを、少しづつ、困ったジイサンに変えていく、認知症。やっけられるものなら、やっつけたい…。


「これじゃあ、dandyとは呼べないなあ、」
そう言いながらも、私たちはずうっと…、dandyが大好きでした。
(つづく、)





「ひたち海浜公園」 ネモフィラがみたい!(その2)

“ネモフィラ“
見ごろ後半でしたけどね、まだまだ、綺麗でしたよ。


(10:17) 
「みはらしの丘」に直行で、これから登ります。
(朝は、まだ、お花があまり開いていないような‥?)

丘の上からは、広い森と海が見えました。


(11:18)
ふもとまで降りてきて、広い公園を移動中。

(koujiさんが、砂丘をみたいというので、砂丘エリアに向かいます。)

(11:25)
「下から撮ると空と一体化した写真撮れるよ、」と言われて撮ってみました。

なるほど…、青の世界の出現です。


(12:46)
こちらも青の世界。
砂丘エリアをぐるぐる回って、歩き疲れて入ったレストラン、
「グラステラス」からの眺めです。

テラスの前は池の庭。
海と一体化して見えるように作られた、絶景です。


(13:47)
あちこち、迷って、ようやくたどり着いた、海が広がる砂丘地帯です。

「砂丘と言っても、草が生えているんだなあ‥、」


オジサンは、お花だけでは物足りなかったみたいで、その後も、ロックガーデンに登ったり、高台があると、
「行ってみよう、」と、広い公園をグルグルグル。
(私、疲れたんですけど…。)


(15:04)
帰り際、
「記念に食べたい、」と、並んで買った、、
“ネモフィラブルーバニラアイス“ です。(¥400)

味は、まろやかでした。


一日、歩いて、帰りは電車で3時間。二人して、よく眠りましたね。


「帰ったら、何食べる?」
「うどん」
koujiさん、旅の後はいつも麺類が希望です。“うどん“、“そば“、“にゅう麺“。簡単で助かります。
今回の旅も、天ぷらうどんでお仕舞い。


後は、疲れて寝落ちした~、
(いつも通りですけれどねぇ‥。)
                                                 



「ひたち海浜公園」 ネモフィラがみたい!(その1)

「次回は、観音崎で炭焼きね、」
そう言ってkoujiさんと別れた後に、
ermineaさんの記事をみて、ネモフィラの写真にビックリ!



「もう、もう、どうしても、」と、
ネモフィラ、みたくなりました。



「ヤマト君も行ったのねえ‥、
これは、行かない訳にはいかないわ。 」と、
飛び入りで、ミニ旅に行くことになりました。


<4月25日>
朝早くにネモフィラに会いたいので、今回は前泊からスタートです。
夕方、品川駅で待ち合わせ。特急には乗らずに、普通電車で3時間の旅。
「3時間あったら、京都についちゃうなあ~、」
「いいの、いいの、どうぞ、存分に居眠りでも。
私は、ブログ回りでもしているわ、」


時々、お菓子をつまみながら、ぼんやりと過ごして、勝田駅に着いたのは21時。
居酒屋で、ビールに焼き魚、海鮮サラダ。ご飯のセットで遅い夕食を済ませて、今回は、ビジネホテルに泊まりました。


月初めに旅行に行ったばかりだからと、「少し節約ね」と選んだホテルは、
ホテルクラウンヒルズ勝田2号 元町店|BBHホテルグループ公式|ひたちなか市
新築で、シンプルでコンパクト。大浴場もありました。


<4月26日>
朝食は和洋バイキング。
まあ、サービスですからね、こんな程度です。でも、いいんじゃない?

まずは飲み物を。
「オレンジジュースやグレープジュースは血圧安定にいいのよね、」と選びます。
おかずはプレートに一口ずつ、サラダは別皿で。
次は普通の朝ごはん。のりと納豆と漬物。目玉焼きは自分で作りました。
最後はcoffeeとデザート。めぼしいものがなかったので、フランスパンにたっぷりバターとジャムをのせてカリカリに焼きました。後はヨーグルトで終了。
(他に、カレーやうどんがあったけれど、省略。)


どおってことないmenuだけれど、気楽に選びながら、遊び感覚で食べられるので、私、朝食バイキング、好きなんです。
(早々に食事を終えたkoujiさん、いつものことだ~、と、半分呆れてみてましたけどね。)


ビジネスホテルって、気楽で、なにより、安くて‥、(笑)
気にいってしまいました。
(ミニ旅にはちょうどいいわね、宿代抑えて、旅行回数、増やそうかなぁ‥、)なんて考えたりしながら、9時には、チェックアウトを済ませました。


外に出たら、とても爽やかな空気で、いい気持ちです。
ご機嫌でバスに乗り、海浜公園に着きました。


入口近くでは、カード写真サービスがありましたよ。

(つづく、)





老人ホームのフロアーで、(席はどこ?)

入居者が、一日の大半を過ごすフロアーの食事の席ですが、決めるにはとても気を使います。


介護度、認知レベル、食事は自力で食べられるか否か、性格、生きてきた舞台。
AさんとBさんは仲良しだけど、隣にCさんが座ったら、どうなるだろうか‥?


90年も違う時間を生きてきた人たちが共に過ごす、フロアーでのささやかな時間。
上手くいっているところは変えたくない。でも、彼方を立てればこちらが立たずで‥、
パズルを解くように悩みます。

                                                    


思い出すのは、minaさんとyoukoさんのこと。


この二人、毎朝毎朝、食事前に喧嘩をするのです。
でも、席を離すと、二人ともぼんやりとして元気がなく、数日で、今まで出来ていたことが出来なくなってしまいます。
喧嘩をしても、仲良しの二人です。


朝早くに、youkoさんは伝い歩きで、minaさんは車椅子を自走して、フロアーに出てきて、席に着く二人ですが、
一日の始めの挨拶は、お互いを褒めることから始まります。


「私ねえ、初めてyoukoさんを見た時に、綺麗な人だなあと思ったの。」
「あなたこそ、賢い人だろうなあ、と、気にかかっていたのよ。」
と、歯が浮いたような誉め言葉。


しばらくすると、youkoさんは飽きてきて、お仕舞いにしたいと思います。でも、minaさんは気がつかず。
youkoさんは隙を狙っては手を伸ばし、minaさんのお茶を飲んでしまいます。


minaさんは怒る、youkoさんは知らん顔。
「あなた、これがいけないことだとわからないの?」


ここで、youkoさんの決めセリフ。
「分からないから、ここに入っているんです!」


minaさんは返す言葉を失って、なにも言えません。あたりはシ~ンとして‥、
一幕めの終了です。


少し時間が経つと、寂しくなったminaさんは、
「ねえ、一緒に歌でも歌わない?」と誘います。
「良いわよ」とyoukoさん。
そして二人で仲良く歌いながら、朝食を待っていました。


やがて、数年の時が経ち、
youkoさんは何度か入院をして、先に旅立ちました。


しばらくは元気でいたminaさんも、だんだんに、出来ないことの方が多くなりました。
「申し訳ないけど、これからはこちらでやりますね。」言うと、
「あ~あ、いつかはこんな日が来るとは思っていたよ、」と、諦めた様子で呟いた。


ある日、
「私は、もう、死んでいるのだから食べさせないで。」そう言って食事をとらず、数日後には、旅立って行きました。


「あれから、何人、あの席は人が変わったんだろう、」と、
時々、指を折っては数えます。


「ああ、あの席でねえ、
youkoさんとminaさんが、毎朝、喧嘩していたんだったわねえ、」
「傑作だったよねえ‥。」


「今頃、どうしているだろう‥、」とつい、呟いてしまう私に、スタッフはいつも、笑って、こう言います。


「同窓会でも、しているんじゃない?」


そうだと、いいね‥。


      

                     koujiさんの絵 (2018/04/15)