(思い出)ぶらり秩父旅.7「星音の宿.ばいえる」

二日目の宿は、
「星音の宿.ばいえる」

チャペルもある、手軽なプチ.リゾートホテルです。


お部屋は和洋室で、

小さな露天風呂付。

HPからの予約特典で、二日間有効の、隣にある日帰り温泉「星音の湯」の無料券が2回分付いていました。
(夕食後に一度、チェックアウト後にもう一度、かな?)と、
今回は温泉が楽しみです。


まずはホテルの温泉に。

秩父の山々が遠くに見える露天風呂。


夕食は、和洋折衷でした。
先ずは先付け、次はお刺身、と、食べ始めたら、野菜の天ぷら、続いてビーフシチュ、と運ばれてきて、
「あら、暖かいうちに食べなくちゃ、お刺身は後回しね、」と忙しい。鍋物も出来上がったみたいで、火が消えた。
「美味しく頂くには食べる順番考えなくちゃ‥、」と、考え考え、食べていたら、
「完食だ~、」とkoujiさん。


食事が終わって、
「後でお風呂に行こうね、」と言ったら、
「明日でいいんじゃない、」と、koujiさん。
疲れていたようで、早々に眠ってしまいました。
(まだ、7時過ぎなんですけど~?)


8時半過ぎに、
「coffee、飲みに行かない、9時までよ。」と起こしてみたら、一緒にラウンジには行ったけど、帰ったら、また横に。

(お風呂に行く気はなさそうね。)


「一人で行ってきていい?」と聞いたら、
「どうぞ、」と素っ気ない。


仕方なく、一人で夜道を歩いて行きましたよ。
だのに‥、
入口に本日は終了の案内版。
(受付は22:00迄だったのね、残念!)


HPで見た、星音の湯の露天風呂です。
「星の森」と、

「月の石」

(夜空見上げて、入りたかったぁ~、)


「こうなったら、お部屋の露天風呂だわ、」と、部屋に帰って、おふろの蛇口をひねります。夜空を眺めながら、入りました。



さて、koujiさん、
夜中に胃が痛いと言い出した。(あら、あら、調子が悪かったのねぇ‥。)
「フロントに薬あるはずよ。」


「何もらったの?」

「サクロン。」

「サクロンで治るんなら、大したことないね、」
「そう、大したことないんだ、飲んだら楽になった。」
「良かったわね、」


安心して、朝までグッスリ眠りました。


明日は、“天空のポピー“ に!
(つづく、)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。