こんなことって‥、

今日は息子の友人で精神科に入院中のSさんが、一泊で家に来ています。
外伯許可は出たものの、帰る家がないので、我が家に来ました。


家がなくなったのは、入院前に錯乱状態になって暴れたので、大家さんが立ち退き要請をしたからです。
福祉に強制撤去されてしまいました。
覚せい剤を使用した過去もあり、
退院しても暫くは更生施設で暮らすことになるようです。


そこまでは分かるのですが、
何と、荷物は何もかも強制的に捨てられてしまったと聞き、耳を疑いました。
「何もかも、って?」
「アパートにあったもの全部」

大事なものがあつたでしょう?」

「全部捨てられた」


大学時代に赤線を引いて学んだ沢山の本も、
データーが入っているパソコンも、写真も、
大切にしていたギターも、

    
「元気になって、面接を受ける時のために」と、
富良野に住む、おばあちゃんが買ってくれた、新しい背広さえも、
何もかもが処分されてしまった、と。


「そんなことってある?
本人が判断能力が無い時には、誰かに連絡するはずでしょう?
大事な物だけでも一時預かりするべきじゃあないの。預かるところがなけれれば貸しローカーだってあるのだし。五千円も出せば、小さいの借りられるのに‥、」

と、私は言ったけれど、


「本当に、本当?、福祉って、そこまでするの?」と、
ただただショックでしかなかった。


もし、わたしだったら‥、
過去の記憶を根こそぎ奪われるようなことには、耐え難い。


「でもSさん、まだ若いのよね、大企業のHPも作っていたのよね、」と、
心をなだめて、挽回のチャンスがありますようにと、祈るばかりです。                              koujiさんの絵 (2016/06/08)




秋ですね。

お休みで二日ぶりに外に出たら、柔らかな日差しに癒された。
夏の間、鬱、鬱と、ぐずぐず過ごして、
砂時計の砂が落ちるのかのように、時間が過ぎてしまった。
でも、仕事があったから、夏バテしないで済んだのね。


秋、少しお家が片付いたら、どこかに出かけようと思います。
頑張らなきゃ、ね。


夏の光をいっぱい浴びた、元気な緑。
もう、秋の色です。 (写真は2015/09/11)





思い出(多摩川散歩)

お家dateで、時々多摩川の河川敷を散歩します。


この木の下がお気に入り。「この実はなあに‥、」


「まるで遠足ね、」でも、これ、結構楽しい‥。

  

遠くに見える木も、お気に入り。
でも、最近、行っていないなあ‥、           

          

          (写真は2015/06/08)



自分のことを少しだけ‥、

いろいろな人の人生を生活レベルで垣間見られるブログは、多彩な経験の宝庫。
私の人生もどこかで、誰かのエッセンスになるのかもしれない‥。

老人ホームで働いて8年と半年になりました。認知症の老人介護が仕事です。
認知症は実に様々、個性の数だけ、認知の症状がある、という感じでしょうか。


2001年に長男を、2011年に主人を亡くし、今は下の息子と二人暮らしです。
息子は31才になりましたが、統合失調症で、自立はしていません。

ああ、犬がいました。11歳のボーダーコリー。名前はパフェ。 

          
この名前、彼女はとても気にいっているらしく、初めて「パフェ、」と呼んだ時、ぴょんと飛び跳ねた。

もうお婆さんなのに、パピーと間違えられる箱入り娘。
息子が調子が悪い時は、側を離れようとはせず、一緒に頭抱えて良くなるのを待っている、なかなかの名犬です。

時々息子が大あばれすることもあり、家中がガタガタですが、
お化け屋敷をそれなりに片づけて、シンプルに暮らすことが、今の目標。
息子が自立出来たら、家を売り、小さなスペースでいいから、センス良く暮らしてみたい‥、そんな日は来るでしょうか


先ずは片付けなくちゃね‥、今日は少し頑張ってみます。