“春旅“2018(その4) 「小田原さかなセンター」

4月2日
“桜旅“ あらため “春旅“ 二日目。
お目当ては、小田原さかなセンターの、海鮮BBQ。
テレビで何度か放映されました。


漁港の光景です。      
向こう岸にうっすらと見えるのは小田原提灯灯台。

(名前の通り、小田原提灯の形、しているんですねえ。)


さて、楽しみにしていた「小田原さかなセンター」でのお話です。

ここは、席の予約、魚、野菜、飲料、食堂からの出前等、それぞれが別会計。市場は混雑しているので、少し戸惑いました。


先ず、席の予約をします。(テーブル使用料1,000円で、制限時間は90分)


次は魚を買います。発泡スチロールの蓋を渡されて選んだのは、ぶりとイカとハマグリ、イカの軟骨棒。


次は野菜です。八百屋のオバサンのお進めで、アスパラと、ニンニク、キノコ3種セットを買いました。
「席にお持ちします。」と言われたので、席について魚を焼き始めたのですが‥、


ぶりが焼けても、イカが焼けても、野菜がやってこなくって~。


魚ばかりを食べ続けるのは、少し辛いなあと思いながら、しびれを切らした頃、
「遅くなってごめんね~」と、オバサン、ニコニコ顔でやってきた。切ったアスパラだけをマヨネーズ付きで持ってきて、
「美味しいから、食べて、」と自信満々です。
(あのー、焼くつもりだったんですけど‥、💦 )


困ったことがもう一つ。
ここでは、お茶も水も飲めません。外には自販機置いてあるのに、持ち込み禁止です。仕方なく、缶酎ハイ買ったけど、これがやけに高くて‥。


美味しかったのは、更に待たされた後の、ニンニクのホイル焼き。お芋のようにほくほく.で、オバサン手作りのみそだれを付けて食べました。

(ニンニク以外の写真は見事に撮り忘れました。やっぱり食いしん坊な私です。)


魚もニンニクも食べつくした頃に、
「これが〆です。」と、登場したのは山もりキノコのホイル焼き。
(えっ、きのこだけ、最後に食べるの?、魚食べながら食べたかった~、)


(う~ん、残念。リピはないかなぁ‥、)と、考えていたら、
「観音崎で、炭焼やってみようか?」とkoujiさん。
「そうね、そうしましょう。でも、何がいい?」


「ご飯を炊いて、魚焼き定食を作ろう、」だって。
「要するに、家のご飯を外で作って食べる、ということね、いいんじゃない。」


そんな、会話をしながら、「きのこの山」完食しましたよ。
でも、でもね、
(もおっ~、きのこが、お腹の中で膨れて、不完全燃焼の満腹感よ~。)と、心のなかで、ブツ、ブツ、ブツ‥。


新鮮なお魚と野菜は美味しかっただけに、少し、残念な、小田原さかなセンターでした。


“春旅“
最後は、小田原城跡公園に。
(つづく)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。