(思い出)冬の小旅行

去年のことですが‥、
1月5日から6日。お正月明けに小旅行に出かけました。
行き先は、真鶴・大船・北鎌倉。
初詣も兼ねてます。

(12:18)
真鶴の駅から歩いて15分。
(日の出を描くために画家が泊まり込むという、)
三好旅館の近くから眺めた漁港の風景です。

koujiさんはここで、スケッチタイム。

スケッチの後は海岸まで降りてお散歩を。


「貝が食べたいな、」とkoujiさん。
「あら、どうしよう、今食べると夕食完食出来ないわ、」


お食事処の入口で聞いてみました。
「あの、壺貝だけでもいいでしょうか‥?」
「どうぞ、中に。」

少し恥ずかしかったけれど、
暖かい小部屋で、美味しい壺貝頂きました。



海岸をぶらぶらした後は、
真鶴駅からバスに乗り、早めに宿に向かいます。


宿は、みかんの花咲く丘の宿「幸太荘」
坂道を上って着いたバス停は、眼下に真鶴港、
宿の前にはみかん畑がありました。
(みかん畑で🍊狩りをして、お土産に頂きましたよ。)


温泉に入った後は、お部屋から海を眺めてほかほかと。
(夕食は、お腹空きすぎて、写真撮り忘れてしまったわ‥、)


(06:45)
日の出前。

(06:56)
日の出。


朝食です。


旅館の普通の朝ごはん、私はこれが大好きです。
何処も同じようなおかずなんですけどね、食器の組み合わせが様々で、それを眺めるのが楽しいのです。
(食べるのは勿論、です。)



チェックアウトを済ませて、向かった先は大船観音寺の、
美しい、白衣の観音様。

観音様の体内は、以前訪れた時は、がらんどうだったのですが,
今回は、暖かくて、軟らかい空間に様変わりしていました。
ストーブの近くの長椅子に座って、瞑想気分。
ゆっくり休憩させて頂きました。



「次はどこに行く?」
「明月院に行こう」


明月院の枯山水の庭です。凛として、清々しい。

紫陽花の時期には行列を作るこの寺も、今日は訪れる人もほとんどありません。
ずっと眺めていたかったけど、寒くて退散です。
北鎌倉駅近くで、遅いランチを頂いて、帰路に着きました。


「旅行、終わると寂しくなるな、」
「そうねぇ‥。」


冬の旅は、寒いけれど、空も空気も澄んでいて、心地よく、
でも、終わった後は少しだけ、
寂しい‥。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。