夏。秩父再びぶらり旅.2「雨の長瀞.宝登山神社」


白い鳥居。


宝登山を背にした、美しい本堂。


雨に濡れた境内には、


日本武尊が宝登山に登る前に身を清めたという泉が、
今に残っていました。

ふと、
神話の世界が垣間みられるような気がしてきて、
覗き込み、
あたりを見渡せば、


境内は、清らかな空気に包まれて、
遠くの山々には霧がかかってる。


しばし、たたずみました。


......................................................................、🌂


「これから、どうする?」
「岩畳に行ってみよう、」
参道を戻ります。


途中、江戸時代の農家、
「旧新井家住宅」に立ち寄りました。

高い天井の、梁の曲線が美しい。

........................................................................、🌂


「岩畳、来たことあるのよね、?」
「若いころ、バイクで来たよ。」
「私も、家族で来たわ。」


何気ない話をしながら、
記憶にあった商店街を抜けて、岩畳へと向います。


渓流は、昔のままでした。


何ということもなく、川を眺め、東屋見つけて一休み。


(この景色、いつの時代から、ここにあったのだろう‥、)


いろいろなことをとりとめもなく、考えるのは、旅の楽しみの一つです。
うとうととして、心地がよい。


ふと、
昔読んだ本のタイトルを思い出しました。
「暮らすように旅をして、旅のように暮らしたい。」
だった、ような‥?



遅くならないうちに、
今日の宿に、向かいましょう。


(つづく、)






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。