“春旅“2018(その3)「三桝家旅館」

“桜旅“ あらため “春旅“ 一日目。


今回の宿は、湯河原の高台にある和モダンな、三桝家。70年続いた料理旅館で、食事は、朝夕共に部屋食です。温泉は源泉かけ流し。


夕食です。
いつも、写真を撮り忘れてしまう食いしん坊な私。
「今日こそは、忘れずに写真撮らなくちゃ、」と、カメラを向けたら、あらあら、スマホは充電切れ~、
(今回も、写真は途中からになってしまいました。しかも、飛び飛びで‥、)


「造り」 メバル 桜マス 車海老 妻色々

「煮物」 サワラ御し蒸し

「焼き物」 筍木の芽焼

「揚物」 白魚 たらの芽  
「酢物」 赤魚と蕗の白州掛け

「香物」 三種盛

「水菓子」  苺 メロン 蜜柑プリン

料理はどれも、
味の組み合わせが、メロディーが流れて行くかのように感じられる、とても品の良いお味です。


でも‥、でもね、
どれも一口、二口で、食いしん坊の私には、少々ね、物足りないんですよぉ~。


朝ごはんはどうなんだろう?、と、
少し、心配‥。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。