さくら、さくら(夜勤明けのひとり言) 

夜勤明け、何時もの帰り道。
毎年、花を咲かせる団地前の通りには、今年はまだ、花がありません。
顔も知らない、“花咲かせ人“ のことが気にかかります。


「引っ越してしまったのかなあ‥、もしや、病気なの?」



コンビニで、桜の表紙が目について本を買いました。
「一度は見たい!桜の絶景(首都圏版)ぴあ」
ぶらぶらと、歩きながらページをめくって、まずは整骨院に。その後は、何時もの日帰り温泉に。


日帰り温泉の休憩処で、ビッククッションに体をうずめながら眺めます。

そういえば、職場で‥、
「退職したら、春は桜を追って北に旅をして、秋は紅葉を追って南に旅をする。そんなふうに暮らしたい。」と言っていた人がおりました。
でも、体悪くなって辞めたんだったね、今頃、どうしているんだろう‥。


人手不足の介護職。
役に立ちさえすれば年齢はあってないようなもの。多少きつくても、中高年には穴場の仕事です。
過去には、利用者と間違えられそうな人もおりました。
私も70才位までは(いいえ、秘かに、それ以上‥、)頑張れそうな気がします。


だったら、まずは、健康に気を付けて。老後も、仕事も、終活も、みんなミックスで生きて行くのも悪くない。
〇十年後、“muragon“ の最高齢者、目指そうか‥?



桜はね、欲張らないで、毎年、一カ所づつでも見ておこうかと思います。
いつも、シフトとお天気と開花情報を見比べて、大騒ぎするお花見だけど、今年は、どこの桜に会えるでしょうか?


出来たら、一泊でいいのでね、「桜旅」がしたいなあ、と思います。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。