ふわふわ粉雪‥、

B型インフルエンザの、
熱が下がった直後の二日間を一緒に過ごして、
koujiさんは、元気になりました。


「雪が降るというけど、暖かいわね、」と言いながら、駅で別れて、
夜勤中、何度も外を見た。
朝はまだ降っていなかったけれど、仕事終わるころには、粉雪が‥。

今日は、早く帰らなきゃ、と思いつつ、
雪景色、眺めようと駅向かいのビルの二階で一休み。


       

👒「お~い、雪よ。どうしてる?」  
       
🌟「家に帰れるか?
雪のニュースばっかりだ。」


👒「多分ね、大丈夫。
早く帰ればいいものを、
駅前の“ポポラマーマ“で、コーヒー飲みながら、
ふわふわの粉雪、眺めているよ。 
街路樹もすっかり、whiteツリー。」 
                   
🌟「ホントだ、こっちもふわふわの雪だ。
雪景色描きたいよ。」


    

(koujiさんのベランダからの雪景色)



ガラス越しに、舞い降りる雪を眺めながら、
ボンヤリしていたら、ウトウトと‥。
気がついたら、
バス停は、駅の入口まで傘が並んでいた。


「あら、大変、帰れなくなっちゃうわ、」と店を出て
「雪って、意外に寒くないのよ、」と列の後でバスを待ち、
バスを降りたら道はなく、
「雪の中に足を入れるのも久しぶりだわ、」と、やせ我慢。


すっかり冷えて、家に帰ってきました。


今日は、寒いので、
明日のお休みにきちんと雪かきしましょう‥。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。