信州の旅 ①「小諸なる古城のほとり」

(2017/07/07)
「信州で美味しいお蕎麦が食べたい、」と、あちらこちらと調べていたら、格安で宿が先に決まった。
「じゃあ、その近辺で、」
今年の七夕は、小諸・中軽井沢の旅に決定。


(11:28)
「新幹線」と「しなの鉄道」を乗り継いで、
懐古園の三門に着きました。


先ずは、「お蕎麦食べなくちゃ!」と、三門近くの草笛本店に。
「藤村蕎麦」を頂きました。
具沢山で多彩な味わい。お蕎麦は、甘みがあって、リンゴの天ぷらが付いていました。

      


「小諸義塾記念館」「藤村記念館」「小山敬三美術館」
天守閣が残ってはいない城跡だけの公園だけど、いろいろな時代が積み重なっていて、見どころは一杯です。
動物園までありました。


(14:40)
展望台からは千曲川。雨が降っていれば、風情があったかな?
今日は、暑くて、暑くて‥、


駅を挟んで反対側には「大手門」
小諸宿を通る参勤交代の大名などが休泊した「本陣主屋」など、など‥、
暑い中、随分と歩きました。



今日の、もう一つの楽しみは、標高1500メートルの「あずまや高原ホテル」

送迎車で向かう車の窓からは、雲が隣に見えてビックリ


夕食には、お刺身に、蒟蒻が出ました。

    


ここのホテルには「星空観賞デッキ」があって、
七夕の夜、星が見れたら…、と、期待したけど残念、曇り空。


明日は、中軽井沢に‥、





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。