お喋りメール‥、

夜勤が多い老人ホームの勤務はこの頃、とても疲れます。
夕方5時から翌朝の10時までの夜勤が終わっても、
人手不足なので帰るわけにもいきません。
退社するのは、午後2時近く。半分眠りながら帰ります。


次の日はお休みだけど、時差ぼけ状態で、
目覚まし代わりに、ついついね、お喋りメール送ってしまうのね、
koujiさんに。



「寒いねえ、
スカートはいてデートしたいけど、すぐに冷えるのよ。
昔はねえ、真冬の札幌で、
素足にサンダル、ミニスカートでも平気だったのに‥。


あなたに会い始めたころ着ていた、薄地のワンピースも、たった数年で、何だか、似合わなくなってきたわ。
おばあさん化、止める方法、ない? 」


返事はありません。
こんなメール、答えようがないわね。それではと、もう一通送ります。


「おーい、
目、覚めている?
老化防止は、まずは食べ物からね、野菜、いっぱい食べなくちゃ。
次回は野菜鍋にするわ、名付けて、“一日分の野菜鍋“
野菜だけじゃ可哀想ね、肉団子作って入れるから、安心を。
もちろん、一緒に作るのよ、
いいかしら? 」


返事がなければ、もう一通‥、と、
思う間もなく、
携帯の、着信音が鳴りました。
(あら、嫌だ、お喋りメールはもうおしまい?、まだ、書きたいことあったのよ。)


実は、私、koujiさんとの電話のやり取りは、あまりね、
好きじゃありません。


<その理由➀>
「もしもし、」と言ったら、
「もしもし、」だけが返ってきて、
「もしもし、」「もしもし、」「もしもし」「もしもし」がずうっと続いてしまうこと。
私が笑い出すまで終わらない。


<その理由②>
何故だか、電話の声って、聞こえにくいのです。
私、難聴ではないんですけれどね、何故でしょう?
毎回、聞き直す訳にはいかないわ。


<その理由③>
話がとぎれとぎれになってしまうこと。
というのも私たち、会話に「‥、‥、‥、」が多いのです。
顔が見えればよくわかるのだけれど、電話は、話し続けなきゃわからない。
koujiさんはいつものように「‥、‥、‥、」で交わすから、
私は、しょっちゅう、
「聞こえてる?」と尋ねている。


そんなわけで、
電話は、少し疲れるし、ロマンティックでもありません。
だのに、koujiさん、どうしてかけてくるのかしら?
きっと、やんわりね、強制終了でしょうねぇ‥。


メールのお喋りは、ほ.ど.ほ.ど.にして、
休みの日は、お化け屋敷を片づけなくてはいけないんだったわ。
(私の家だって、ピカピカだった頃もあったのよ、)と、辺りを見渡して‥、
ため息。


「koujiさんの絵 」2017/09/20
(花は苦手です。オジサンですから‥。)





オモチャ‥?

🌟「幾つになっても、男には、オモチャが必要なんだよ、」
👒「そうね、koujiさん見てるとね、よくわかる‥。」


お家デートに慣れた頃、押入れの中を覗いて驚いた。
半間の押入れには、ギターが何本もあったのです。

「殆ど処分したんだよ。ギター、リビングの端から端まで並んでいたんだ。」
「それで、みんな使っていたの?」
「いいや、使うのはひとつだけだった‥、」


「ミニカー集める男の子と変わりないわ、独身貴族とはこのことね、」と呆れました。



最初のオモチャはカメラとバイク。20代の頃。
ツーリング仲間と休みにアチコチ旅行で、まさに青春。
その頃の写真、うーん‥、かなりかっこよくて、ビックリです。これが、こう、なるんだねぇ‥。


仲間が次々結婚してしまったので、その後は自転車仲間に加わったけれど、数年で、散り散りに。
次はギターで、20年以上スタジオに通っている。


スタジオでは、男女が仲良くなることが多いという。
「あなたは、付き合いたい人はいなかったの?」
「いたけど‥、」
「それで、どうしたの?」
「仕事不規則だし、練習する時間無くなるから諦めた‥。」
(バカじゃない?でも、良かった‥。)



さて、
キリギリスさんにも冬が来て、
バイクは十年前、目が悪くなって免許が更新できずに手放した。今でもバイクで走る夢をみるという。


オモチャを取りあげられたオジサンは、
めげずに今度は、山登り。
頂上を駆け登るのが快感と夢中になっていたら、ある日、膝に激痛が‥、
「山は一生、無理です、」と言われてしまった。


付き合い出した頃、ドラムにも少し夢中になっていたけれど、
しばらくしたら、やっぱり膝にきて、ドラムは無理と諦めた。


ギターも最近では、
これ以上は上手くならないから‥、と、
月に一度、昔からのバンド仲間との交流のためにだけスタジオに通っている。


「一番上手だったのは何時?」と聞いたら
「今だな、」と。
「だったら、今のうちに聴かせてね、」と言ってから一年後のXmas、やっと弾いてくれました。
軟らかくて、綺麗な音色でした。
「そんなに聴かせたくなかったの?」と聞いたら、
「大したことないからだよ。」と一言。



山にも登れなくなって、
最後に行き着いたのが、水彩画。

     

知りあった数ヶ月後から始めて、
週に一枚ペースで描いてます。


素人には、素人の感想がちょうどいいようで、
思いつくままに言っていたら、
何だか、私好みの絵になってきたような‥?



描くのが速いので、ふざけて言ってみた。
👒「上手になったら、ネット販売が出来そうね、」
🌟「売れるとでも、思ってるの?」
👒「あら、一枚350円で三枚1,000円ではどう、買う人いるかもよ。」
🌟「100円でも売れたら嬉しいよ‥、」


少しだけ才能のある子供を見守る、母親みたいな気持ち?で、
いつも、koujiさんの絵、見ています。


最後のオモチャは大事にしてね‥。
       (koujiさんの絵「鎌倉三景」2016/02/17)




紅葉の「秋川渓谷」

👒「もう一度、秋川渓谷に行きたいなぁ、紅葉がみたい‥、」
🌟「宿が空いていたらね。」


それでは、と調べたら、前回泊まった瀬音の湯のコテージ、空いていました。11月28日に一部屋だけ。
やったね、
その日と次の日は、お仕事もお休みでした。


<当日>
武蔵五日市駅からバスに乗り、十里木のバス停で降りました。
鼻歌交じりに「国際マス釣り場」まで歩きます。
(ついつい歌ってしまうのは子供の頃からの私の癖。koujiさん、嫌がらないので、いつも歩きながら歌っています。)


12:31


30分ほど歩いて「国際マス釣り場」に着きました。
koujiさんは数十年ぶりの魚釣り。
水が綺麗なので、私は、スマホでパチリパチリと川底の写真を何十枚も撮りました。
12:58

釣れた魚は、焼いた魚と交換で、その場でいただきました。
身が柔らかくて、美味しかったです。
13:39


18:21
瀬音の湯のコテージです。温泉に入ってのんびり、夕食時間を待ってます。
ここの温泉、とろっとした美容液みたいで気に入りました。
テレビ好きのkoujiさんも、今日はテレビはお休みで、のんびりと本を読んでいました。


<翌日>
08:43
朝食後。テラスからの紅葉です。


10:14
こちらは、外の広場。瀬音の湯の周りはぐるっと紅葉。どこも綺麗な色合いです。


チェックアウトは12:00
その後、もう一度温泉に入って、お昼ご飯も食べて、午後3時。
「そろそろ行こうか」と帰り支度。
24時間、ゆっくりと過ごしました。



15:37
少し遠回りして帰り道です。
可愛いお焼き屋さん。おとぎ話のような景色です。
限定販売なので、お焼きは本日終了でした。
「次回は、朝早く来て買わなくちゃ。」


16:07
川辺に降りられる道がありました。
今日はここで珈琲タイムです。
ポットでお湯を入れるだけのアウトドア。


16:36
アーチ橋の見えるバス停まで歩いて、バスを待っています。

都心からわずか60分なのに、空気も景色もとびきり綺麗、
「ここが、東京だなんて。」


何度でも行きたい、秋川渓谷。
またいつか‥。






12月。何だか、心はセピア色。

12月。
寒くなりましたね。
風邪など、ひいていませんか。
私は努めている老人ホームで、11月13日の夜勤明け、インフルエンザの予防接種を受けたら、なんと、その日から風邪をひいてしまい、ようやく治りました。
今年の風邪は長引くようです。要注意。


12月。
今年は何をしたのだろう、と振り返ると、仕事をして、時々出かけもしたけれど、
後は思い浮かぶこともなく、何だか、心はセピア色。


忙しくならないうちにと、来週はお休みを取りました。
明日から、少しだけお家の大掃除です。


                

                   koujiさんの絵「花」2017/04/05






「記念日」

11月7日は記念日です。
四年の月日が経ちました。


👒「記念日、どうする?」
🌟「お天気はどうかな?」
今年は、三浦半島に行くことになりました。


何度も行っている三浦半島、
今年は、二月に河津桜を見に行ったきり。
「そろそろ、行きたいね、」と、
話していたのは10月の始めころ。


雨が降ったり、寒かったり、忙しかったりと、見送り続きで、
記念日に回ってきた。


今回は、
①「小縄代の森」を抜けて海に出て、
②油壺で「海洋泉」に入り、
③三崎港で「夕景」を眺めて、 
④「まぐろ」を食べて帰ります。


バスに何度も乗るので、丁寧に時間を調べました。
利用するのはお得な「みさきまぐろきっぷ」です。


当日、
(11:13)

   

三崎口からスタート.です。
“引橋“まで、4分程バスに乗り、
「小縄代の森」の入口に。


森の中に入ると、出迎えてくれたのは大きなシダの群れ。
「こんなの、見たことないね、」

湧水が、あちらこちらに‥、日が当たって、綺麗です。

しばらく行くと、すすきで覆われた野原が。
海に近づいてきたようです。

休憩用のテラスで、一休みして、少し歩いたら、
(12:57)
海が見えてきました。小縄代湾です。

海辺には干潟が。

夏には、赤蟹のダンスが見られるらしい‥、

ヨットが並ぶ海岸沿いを眺めながら、油壺まで歩きます。

油壺では、観潮荘の海洋泉に入りました。
(海水のお風呂、温まり過ぎて、直ぐには服が着れなかったぁ‥、)
ポカポカになったところで、
夕景を眺めようと、バスに乗り、三崎港に。


(16:59)
三崎港の夕景です。

お食事処が並ぶ通り。

三崎港からバスに乗り、“日の出“で降りたらすぐにある、
くろば亭で
「まぐろ漬トロ天丼」を頂きました。

      

「美味しい」の一言!


(18:14)
バス停で、城ケ島からの帰りのバスを待っています。
向こう岸には、
城ケ島大橋が見えました。

三崎口まで戻って、予定通りに記念日企画は終了!
四年が過ぎて五年目の、一年が始まりました‥。