“Xmas“について思うこと。

楽しみにしていた“Xmas“
残念!
体調崩してしまいました。


ファンヒーターの前に座り込んで、
ダッシュボードに次々と飛び込んでくる、
クリスマス記事を眺めています。


「楽しそうねぇ、」
「美味しそう‥、」
「まあ、綺麗。」


写真は去年の11月25日。
横浜の「赤レンガin“Xmas“マーケット」の初日。
オープニングセレモニーの終了後、
海風にあたりながら眺めた、大きな白いXmasツリーです。


“Xmas“ってね、不思議な日だと思いません?
元々はイエス様が降臨された聖なる日を祝う宗教行事。
でも、いつからか、宗教の枠組みを飛び越えて、
世界中で楽しまれているのね。


「イスラム圏はどうなのかしら?」と、調べてみたら、
“Xmas“を禁止しているサウジアラビアでも、
家の中でひっそりお祝いするのは黙認されているとかで‥。


私はね、クリスチャンではないけれど、
もともとの、キリストの愛が大きくて、その愛が流れ流れて、
世界中に広がったように思えるのです。


世界中が輝く日。それが“Xmas“
そうであったらいいですね。


皆さんの、楽しいクリスマス記事、
楽しみに待ってます。





   

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。